松尾大社(京都)の御朱印受付時間や場所は?限定はある?御朱印帳のデザインも紹介

スポンサーリンク

京都・嵐山にある松尾大社。

背後に松尾山・手前に桂川が流れる自然豊かな場所にあります。

主宰神は、大山咋神(おおやまぐいのかみ)と市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。

大山咋神は、通称「松尾さん」と呼ばれる酒造りの神様です。

「境内の霊亀ノ滝、亀ノ井の湧き水を加え醸造すれば腐らない」という言い伝えがあり、「酒造第一祖神」として全国の酒造家に人気です。

また、松尾大社は「四神相応」の考えに基づき、西を守護している神社にあたります。

ここ松尾大社では、お酒と四神に関連した御朱印をいただくことが出来ます。

スポンサーリンク

松尾大社(京都)松尾大社の御朱印受付時間や場所は?

松尾大社の御朱印情報
  • 受付時間
    平日・土曜:9:00~16:00
    日曜・祝日:9:00~16:30
  • 受付場所:拝殿向かって左側の授与所

松尾大社の御朱印受付時間は、平日・土曜は9時~16時日曜・祝日は16時30分までとなっています。

御朱印受付場所は、拝殿に向かって左側の授与所にていただけます。

「受付時間より早めに閉まることがある」といった情報もあり、参拝時には早めの受付をおすすめします。

松尾大社松尾大社(京都)の御朱印種類・限定御朱印はある?

松尾大社でいただける御朱印は、

  • 松尾大社の御朱印
  • 白虎御朱印
  • 摂社・月讀神社の御朱印
  • 「京都五社めぐり」の御朱印

です。

スポンサーリンク

松尾大社の御朱印

この投稿をInstagramで見る

 

chan(@chan.010608)がシェアした投稿

初穂料は300円。

デザインは至ってシンプルです。

双葉葵と亀の押印があります。

亀と鯉は松尾大社の神の使いとされていて、境内には亀にまつわるスポットがたくさんあります。

直書きしていただけるのが嬉しいですね。

白虎御朱印

この投稿をInstagramで見る

 

れい(@rei.4092)がシェアした投稿

書置きのみで初穂料は500円。

金箔を散らした贅沢な神に、白虎と竹が描かれています。

「四神相応」の考えでは、白虎は西の守護神です。

白虎の力強い印象が伝わってきます。

摂社・月讀(つきよみ)神社の御朱印

この投稿をInstagramで見る

 

ma-sa-mi tom(@mammy_tom)がシェアした投稿

初穂料は300円です。

こちらもシンプルな御朱印。

月讀神社のご利益は子授け・安産となります。

子授けのお参りに来られる方は、ぜひお手元に置いておきたい御朱印です。

スポンサーリンク

京都五社巡りの御朱印

松尾大社は、京都五社巡りの一社です。

専用の色紙(色紙代1,000円・朱印料込/2か所目以降は朱印料300円)もお求めになれます。

この投稿をInstagramで見る

 

マコちゃん(@makochiyan7)がシェアした投稿

専用色紙に朱印をいただくようになります。

京都五社とは、四神にちなんで平安京を守護する神社のことで、中央が平安神宮・北の上賀茂神社・西の松尾大社・東の八坂神社・南の城南宮を指します。

御朱印は朱印のみと簡素ですが、全てを集めると最後に参拝した神社で記念品の授与があります。

五社めぐりはとても人気があります。

せっかくなので残り4か所の神社にぜひ参拝して五社めぐりをされてください。

京都五社巡り関連記事




スポンサーリンク

松尾大社の御朱印帳のデザインやサイズ・価格

松尾大社の御朱印帳は3種類あります。

どれも白を基調とした御朱印帳です。

御朱印のデザインについての名称が見つからなかったので、こちらで判別しやすいように名前をつけてご紹介します。

種類は酒樽・かわいい白虎・猛々しい白虎の3種類です。

御朱印帳のサイズは、16cm×11cmで価格は1,500円です。

!御朱印をいただくには別途300円必要です。

この投稿をInstagramで見る

 

はるちゃん(@cjmhg20784)がシェアした投稿

こちらは、酒樽の御朱印帳です。

白地の生地に、金色で双葉葵が織り込まれています。

この生地をよく見ると、松尾大社の神輿庫(しんよこ)の酒蔵が模様になっています!

白が基調なので派手過ぎず、はんなり華やか。

酒造の神様がいらっしゃる、松尾大社らしい御朱印帳です。

この酒樽は全国の酒造業者が奉納したもので、境内の見どころの一つとなっています。

この投稿をInstagramで見る

 

カブツーリスト(@cubtourist)がシェアした投稿

女性

御朱印帳の中では、1番人気のようです。

また、酒樽の御朱印帳と同じデザインの御朱印帳袋も販売されています。

セットでお求めになるととっても可愛いです。

御朱印帳袋の価格は1,500円です。

かわいい白虎の御朱印帳は、ベージュの背景に、2匹の白虎が描かれています。

その表情は可愛らしい印象で、松尾大社の白虎おみくじとよく似ています。

まるで猫のような可愛らしさがある、癒し系の御朱印帳です。

表紙は2匹の白虎、背表紙は1匹の計3匹が描かれています。

おみくじとセットで連れて帰りたい可愛さです。

猛々しい白虎の御朱印帳は、表裏に1匹ずつ、猛々しい白虎が描かれています。

最近新しく追加された白虎の御朱印と、同じテイストの白虎です。

こちらの御朱印はカッコいい系の御朱印帳。

白虎の御朱印と同じように金箔が散らしてあり豪華です。

他の2つの御朱印帳は可愛すぎると思う方にお勧めです。

スポンサーリンク

松尾大社の駐車場&アクセスについて

【車で参拝の場合】

松尾大社には無料駐車場があります。

駐車場は広く、100台駐車可能。

足腰が弱い方や、嵐山にドライブに行きたい方にも安心ですね。

駐車場は17時閉門となります。

【電車で参拝の場合】

電車での参拝は、阪急電車の「松尾大社駅」が最寄りとなります。

大阪方面からお越しの場合におすすめです。

駅からは徒歩3分という近さ。

駅を出るとすぐに大鳥居が見えるので、道に迷う心配はありません。

渋滞の心配がなく、そのまま電車に乗って嵐山まで行けるので便利です。

【バスで参拝の場合】

市バスをご利用の場合は、市バスまたは京都バスの「松尾大社前」で下車して下さい。

バス停から松尾大社まで徒歩3分です。

市バスの1日乗車券(600円)を持っている場合は、市バスに3回以上乗ることでお得になります。

京都バスでは、市バスの1日乗車券を使えないのでご注意下さい。

所要時間は京都駅から約40分

渋滞が発生しやすいため、嵐山方面の観光に絞って回られることをおすすめします。

スポンサーリンク

京都の御朱印巡り

まとめ

全国の酒造家たちから人気のある松尾大社。

お酒で有名なだけあって、御朱印帳は酒樽の柄が一番人気のようです。

また、「酒業繁栄」の他にも多くのご利益があります。

その他のご利益は、延命長寿・交通安全・治水・土木・開拓など。

嵐山における地域の氏神様としての役割りも担っています。

さらに、境内には夫婦和合・恋愛成就にご利益のある「相生の松」があり、結婚式会場としても人気です。

参拝時に結婚式に出会えたら、何とも幸せな気持ちになりそうです。

さらに、松尾大社には「松風苑」という枯山水の庭園もあります。

庭園・神像館共通の拝観料(大人500円・学生400円・子供300円)が必要ですが、お時間があればゆっくり散策をおすすめします。

この松風苑は、昭和を代表する作庭家重森三玲の手によって設計された庭です。

「曲水の庭」「上古の庭」「蓬莱の庭」の3種類から構成され、重森三玲最晩年の作としても知られています。

京都市街地の観光地からは離れた場所になるので、人混みを避けてゆっくり参拝することが出来ます。

時間に余裕があれば、嵐山の方まで足を延ばしてみるのもおすすめです。

住所:〒616-0024 京都市西京区嵐山宮町3
電話番号:075-871-5016
公式HP

スポンサーリンク